サイトメニュー

退職後の生活支援

診察 うつ病で退職したとき、生活を再建するまでの繋ぎとして、健康保険から傷病手当を受給することができます。受給資格は病気のため職務が遂行できないことのほか、退職までに被保険者の期間が1年以上あることなどです。

詳しく見る

忘れずに申請しよう

ハートと聴診器 うつ病で傷病手当金の給付を受ける場合、標準報酬月額の2/3を受け取ることができ、最大1年6ヶ月の受給期間があります。退職後の2年以内であれば申請が可能です。一方で、申請には会社とのやり取りが必要な点など、いくつかのデメリットもあります。

詳しく見る

傷病での支給の条件とは

うつ うつ病は治るにしても、経過観察が必要です。医療機関での療養とともに、安心できる保険や手当が必要にもなります。傷病手当金を受給するための要件、加えてどれくらい支給されるものなのかを、事前にチェックしておきましょう。

詳しく見る

休職中の手当て

医者 傷病手当を申請すれば、うつ病で休職することになっても安定した生活がしやすくなります。申請から1ヶ月後に受け取れるほか、受給期間が1年6ヶ月と長いこともメリットです。作成書類は保険組合のホームページにあるので、用意する手間はかかりません。

詳しく見る

治療に専念できる為に

病院外観 うつ病を発症してしまい、休職して治療を進める時に金銭面の強い味方となってくる傷病手当を把握しておくと安心です。申請条件を確認して、申請すれば、同一の病気で最長1年6ヵ月間傷病手当金を受け取る事ができます。

詳しく見る

向き合う支え

うつ

踏まえておく事

うつ病と診断され、自治体や日本年金機構に申請し国が定める基準を満たした場合には、障害者認定や障害年金の受給が可能になります。しかし、うつ病と診断され通院を余儀なくされ生活や仕事に支障はあるものの、障害者認定や障害年金の受給の基準を満たさないケースも、決して少なくはありません。仕事が原因で、うつ病となり休職を余儀なくされ収入が途絶えてしまうと生活費が捻出できず、それが更に症状の悪化にも直結してしまいますが、そんな時の支えとなる制度が傷病手当です。傷病手当は標準報酬月額の3分の2を最大1年6ヵ月に渡り受給可能な為、うつの症状と向き合いながら生活を立て直していく上で非常に有効ですが、気をつけなければならない点があります。まず、第一番に気を付けなければならない事は、傷病手当ての申請に2年で時効となり時効を過ぎると申請が出来ないという点が挙げられます。また、申請の為にうつの原因となった会社とのやり取りが発生すると言う点も踏まえておかなければいけません。
うつ病の症状によって、仕事が出来なくなった場合に申請が可能な傷病手当が注目されているのには、幾つかの理由があります。まず第一番目に挙げられるのは、うつ病により労災申請をした場合には受給までに一年近くの期間を要しますが、傷病手当の場合には1ヶ月程度で受給が可能となる点です。この受給までの期間の短さによって、傷病手当は直近の生活を営む為の支えとして非常に役立つ制度と言えます。また失業給付金の受給期間に比べ長い1年6ヵ月まで受給が可能と言う点も、完治まで期間を要するうつ病を支える制度として注目に値します。また、就労不能となった日から2年の間は申請が可能と言う点も注目されている点となっています。もう一つは、就労不能となった場合でも休職扱いと言う事で傷病手当を受給し復職を目指す事で、退職し仕事を失ってしまわずに済む事も注目されています。トータルすると傷病手当は、当面の生活を安定させる事によって、うつ病の回復に役立つ制度として注目されていると言う事になります。

Copyright© 2019 生活を安定させる事で復職をサポートする制度 All Rights Reserved.