サイトメニュー

治療に専念できる為に

病院外観

受けられる手当を把握する

うつ病は誰でも患う可能性のある疾患です。しっかりと治療をしておかないと、症状が悪化してしまいます。治療に専念できるような制度がありますので把握しておきましょう。まず医療機関を受診して、うつ病と診断され休職をすることになる場合があります。その理由としては、職場や仕事内容がストレスの原因となりうつ病を発症するケースも少なくないからです。その場合、治療をしながら仕事を続けていても快方へと向かいづらく休職して治療に専念するという選択肢が出てきます。その時に真っ先に不安に感じる事は金銭面の問題です。金銭面の問題で休職は出来ないと考えている人もいます。そのような時、申請しておくと安心な傷病手当という制度です。うつ病で休職中に傷病手当金を受け取るために申請します。申請にはいくつか条件がありますので、確認しておきます。まず、社会保険に加入しているか。傷病により連続する3日間を含む、4日以上仕事に就く事ができない。休んだ期間給与の支払いがない。この条件に当てはまる人は申請が可能です。
うつ病の治療は長期間に及ぶケースも多く、傷病手当金は治療中の金銭面の問題をカバーしてくれます。傷病手当金は同一の病気で診断され、最長で1年6ヵ月となります。うつ病は精神疾患になります。精神疾患の場合、病名が異なっても同一のものと判断されます。従って最長で1年6ヵ月です。また、治療をより有効なものとする為に、うつ病を発してしまった原因を把握し解決の糸口を探すことも大切です。業務内容に問題があった場合などは企業内にある相談窓口を利用したり、労働組合の相談窓口を利用したりするのもおすすめです。中には、傷病手当受給期間内で職場復帰が出来ない場合もあります。その場合は、復職までの期限が定められているので通常は自然退職となってしまいます。退職とならないように、最善策を講じるには弁護士に相談するという方法もあります。また職場環境は、そう簡単に変わりませんので、その部分に問題がある場合、退職という選択肢もあります。無理に復職してもうつ病が再発してしまったら意味がありません。

Copyright© 2019 生活を安定させる事で復職をサポートする制度 All Rights Reserved.