サイトメニュー

休職中の手当て

医者

制度の特徴

うつ病で休職する時は、傷病手当を活用すると、生活がしやすくなります。傷病手当は受け取れるまでの期間が短いことがメリットで、収入がないという不安が早めに解消できます。労働時に起きた病気やけがには労災保険を利用すると考える人が多いですが、認定に1年ほどかかるため、無収入でも1年持つほどの蓄えがない人には活用が難しいです。傷病手当は1ヶ月後には手当を受け取れるので、余裕がない人でも利用しやすくなっています。受給可能な期間も1年6ヶ月と長く、その間生活費のサポートを受けながら通院することができます。標準となる給与額の3分の2を毎月受け取れるため、無理矢理切り詰めて生活することもなくなるでしょう。また、休職や退職から2年以内であれば、いつでも申請ができます。ただ、時間が経つと申請の書類作成を断られることもあるので、手当を受けるなら早めの方がいいでしょう。うつ病の治療にはしっかりとした休息と周りのサポートが必要不可欠ですが、傷病手当を受ければそういった環境が確保しやすくなります。ストレスで傷ついた体を労わりつつ、社会復帰を目指せるわけです。
傷病手当には、多くのメリットがあります。一つは申請が通るまでの期間が短いことで、1ヶ月後から手当てを受け取れるようになります。受け取れる金額は給料よりも低くなりますが、認定が早いために生活の負担や不安を感じにくく、休職中でも安定した生活がしやすくなります。別のメリットには、出産手当と併給できる点があります。女性は出産前と後で抑うつ症状が起こることがあるため、この制度はありがたいのではないでしょうか。傷病手当を受け取るには、4枚の書類の作成が必要です。作成する書類は保険組合のホームページから印刷でき、記入の仕方もそこに書いてあるので、書類を用意するために動きまわる必要はありません。ただ、書類の中には以前の勤め先に記入してもらうものがあるため、忘れずに書類作成を頼んでおくようにしましょう。うつ病の時に傷病手当を受けておけば、治療中に困窮するという最悪の事態を防ぎやすくなります。働けなくなった状態からの復帰が少しだけ易しくなるので、うつ病で職場を離れる時は申請を考えてみましょう。

Copyright© 2019 生活を安定させる事で復職をサポートする制度 All Rights Reserved.