サイトメニュー

忘れずに申請しよう

ハートと聴診器

生活費や治療費のサポートになる

もしも、うつ病を発症して働けなくなった場合には、傷病手当金の給付を受けることができます。受給の条件としては、業務外での病気であり、労務不能な状態であることと、給料の支払いがないことなどがあります。もちろん、給付額は、通常の給料よりは少ないですが、それでも標準報酬月額の2/3を受け取ることができるので、治療をしながら生活していく上での重要な収入源となるでしょう。受給対象期間は、最大1年6ヶ月ですので、その間は職場から離れて、しっかりと休養を取ることができます。また、退職した後でも、2年以内であれば申請を行うことができます。それには、健康保険加入期間が1年以上あることや、うつ病による休業が連続3日以上あることなどの一定の条件があります。それらの条件を満たしていれば、傷病手当金の申請が可能なので、あきらめずに申請することが大切です。うつ病で労務不能に陥ったケースでは、当然、労災の請求も検討できるかもしれません。ただし、労災の認定は時間がかかるため、支給されるまでには1年ほどかかります。それに比べて、傷病手当金は申請から1ヶ月という速さで支給されるので、早期の生活資金確保には向いているといえるでしょう。
うつ病を発症して傷病手当金を受け取る場合に、デメリットと感じてしまうことがいくつかあります。まず、申請の際に会社とのやりとりが必要であるということです。傷病手当金の申請書は会社側に記入してもらう必要があります。そのため、病気発症の原因になっている会社と連絡をとらなくてはならず、ストレスを感じることもあるかもしれません。また、失業保険との併用ができないというデメリットもあります。失業保険は、再就職を前提とした給付であり、一方の傷病手当金は、労務が不可能になった場合の生活を支える目的で支給されるものです。このように、両者は目的が真逆なため、同時に申請することは不可能だといえます。さらに、受給期間の問題もあります。傷病手当金の受給期間は1年6ヶ月と決められており、その期間を過ぎてしまえば受給できなくなります。従って、その時点でうつ病が回復してない場合に備えて、ある程度の生活資金を準備しておく必要があるでしょう。他にも、傷病手当を受け取っていると、生命保険加入の審査が通りにくい可能性もあります。加入審査は病歴や給付金支給が審査対象となるので、保険商品によっては不利になることもあることも知っておきましょう。

Copyright© 2019 生活を安定させる事で復職をサポートする制度 All Rights Reserved.